• kokiiwaseorgn

(高校時代の自分)市原隼人さんに憧れて。


今日は、俳優として、人間として、大きな影響を受けている市原隼人さんに関する自分のストーリーについて。


高校時代、市原隼人さんの生き方、感性に憧れて、色々真似をした。

何事にも真っ直ぐ生きる姿がかっこよかったからだ。


僕自身、ドイツで過ごした中学高校時代、外国の環境に馴染めず、寂しさや孤独を感じた時があって、『周りに流されず、自分を持っている男』に憧れて、僕の個人的なイメージだけど、

『男といえば』という理由で、市原隼人さんの色んな映画・ドラマを観出して、益々好きになっていった。


元々市原隼人さんのことは中学生の時から知っていて、なんとなく自分と顔が似てると言われていたこともあって、勝手に親近感を持っていたんだけど、

「いやぁ、男らしい。かっこいい」

どんどん虜になっていった。


そして日本人の自分に自信を持てるようになった時期もあった。


市原隼人さんのB-Boyファッションも真似て、高校3年生時に、高校の音楽イベントで、EMINEMをB-Boyファッションで歌ったこともあった。

その時の写真がこちら。





オランダ出身、台湾出身の友人と、3人でラップグループを作って、EMINEMで会場を沸かしてやるぞ!と週末に学校の空いてる教室で練習した。


今でも市原隼人さんから影響を受けていて、近い内お会いできるくらい活躍できるよう、頑張っている。


常に挑戦あるのみ。

閲覧数:56回0件のコメント

最新記事

すべて表示

結果が大事 日々の稽古、毎日の自主練、そして日常を過ごしている中で、 結果に拘ってきたか?という自問自答が、つい最近ありました。 自分はどれだけ自分に課した結果にコミットしただろう、かと。 自分は甘かった、というのが結論です。 なんでこんなことを書くのかというと、 最近、よく自分の中で弱い自分が出てきたり、周りの評価を基にして 自分の行動を決めて、本当に自分がやりたいことを自分でわかってなかった自