• kokiiwaseorgn

映画『ターコイズの空の下で』(感想)

今日、ある映画を観に行きました。


『ターコイズの空の下で』(映画監督:KENTARO)です。


僕はこの作品を通して、一層、映画と俳優という存在を、益々好きになってしまいました。


柳楽優弥さん、そしてアムラ・バルジンヤム(モンゴル出身で、モンゴル・アカデミー賞受賞者であり、モンゴル初のハリウッド俳優の方)、そして麿赤兒さん達が出演されています。


舞台はモンゴル。主人公は、柳楽優弥さん演じるタケシ。

第二次世界大戦終了後、モンゴルで捕虜生活を送っていた日本人兵であるタケシの祖父と、現地女性との間に生まれ、生き別れた娘を、数十年の歳月を経て、モンゴルへタケシが探しに行くというあらすじ。

旅の相棒が、モンゴル人で日本語が話せないアムラ(アムラ・バルジンヤム)。


タケシにとって、旅の相棒も、現地で出会う人とも、言語が通じない状況。

でもそんな状況でも、言語を超えて通じ合う心の声。

現地の人、大自然との出会いで生まれるタケシの色んな感情。


「生きてるだけで、素晴らしいんだ」。

終演後、そう思いました。

そして、自然と涙がこぼれ落ちました。


俳優としても、俳優一人一人が、一瞬一瞬のシーンで、心と心で繋がっている瞬間を観て、素晴らしい演技に触れられたと、勉強になりました。

僕も、もっと成長して、必ず、今の自分のように、誰かの心に届く何かを届けられる俳優になる。(KENTAROさんからお声掛け頂ける俳優のレベルになる)


本作品の上映日に、必ずリピートをしたい。


上映後、KENTAROさんとお写真を撮らせて頂きました。

本当に素晴らしい作品を届けてくださいました。














閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示

結果が大事 日々の稽古、毎日の自主練、そして日常を過ごしている中で、 結果に拘ってきたか?という自問自答が、つい最近ありました。 自分はどれだけ自分に課した結果にコミットしただろう、かと。 自分は甘かった、というのが結論です。 なんでこんなことを書くのかというと、 最近、よく自分の中で弱い自分が出てきたり、周りの評価を基にして 自分の行動を決めて、本当に自分がやりたいことを自分でわかってなかった自