IMG_3419_edited.jpg

​プロフィール

《生年月日》     

 1994年2月21日

 

《出身地》     

 東京都大田区
 

《身長/cm》  

  171
 

《体重/kg》     

 61
 

《サイズ/cm》 

 B:92, W:79,H:91

 

《特技》      

 ・英語       

 ・ドイツ語

 ・バスケットボール    

 

《趣味》

 ・映画鑑賞

 ・自主練(演技、声楽、etc)

 ・バイクツーリング

《簡単な経歴》

・ソフトバンクに勤務(2018年4月~2021年4月)  

 

・早稲田大学 政治経済学部 卒

・International School of Düsseldorf

 (ドイツ・デュッセルドルフ市)

・デュッセルドルフ日本人学校中等部

 (ドイツ・デュッセルドルフ市)

​自己紹介

はじまして、岩瀬 皓旭です。名前は「こうき」と読みます。旭(太陽)、に向かって、潔白に、真っ直ぐに突き進めという想いが、由来のようです。

高校までは、プロバスケ選手を目指していました。

ドイツ現地のプロユースチームU16でプレイしていましたが、高校2年の時に、俳優への想いが抑えきれず、翌年には、自らプロの俳優Orlando Schenkという方にコンタクトし、そのまま演技スタジオに入れてもらい、初舞台を踏みました。

 

俳優を目指したきっかけは...、特に中学、高校時代、友人関係や部活でうまくいかなくて落ち込んだとき、映画の中の俳優のいきいきした姿、表情、声、ドラマに勇気をもらい、前を向けました。かっこいい。そんな単純な思いから俳優に憧れの気持ちを持ち、そんな存在になりたいと思ったことが、俳優を目指した始まりでした。

両親や周りの環境のおかげで、英語やドイツ語が話せる語学力を養えました。今後の俳優活動に、語学力も活かし、ハリウッドやドイツ、日本など、国際的に活躍していきたいと思っています。そして私がし俳優として多くの刺激、学び、感動をいただいてきた堺雅人さん、レオナルド・ディカプリオさん、トムクルーズさんなどの方々と共演することも、私の夢のひとつです。

 

がんばってまいります。

 

これまでの人生

父の海外転勤を機に、中高6年間をドイツ・デュッセルドルフ市に滞在。

高校はインターナショナルスクールに通い、世界各国の友人と出会う。

そうした中、世界の人と繋がる楽しさを体験。

16歳のとき、バスケ選手になりたい夢、学校の成績、友人関係(恋愛含む)で悩んでいたが、映画俳優の演技を観て、俳優業に本格的に興味を持つ。

すぐに演技を始めるべく、ネット検索でOrlando Schenk『ヨーロッパで活躍する俳優・オペラ歌手』のプライベートスタジオを発見し、人生初の演技指導を受ける。

2010年、Orlandoが演出の舞台にて、初舞台。

(アンサンブルのみでの出演予定だったが、Orlandoへ「セリフが欲しい」と食い下がり、セリフをいただく。)

ドイツにて、合計4回以上の舞台経験を積む。

(全て、英語・ドイツ語上演)

2013年、早稲田大学へ入学。

日本に帰国前、日本のどこで演劇をしようか探していたとき、小学生の時に観ていた『エンジン』に出演していた堺雅人さんの演技が「存在感」があることは強く頭に残っており、自分もそんな存在感ある役者になりたいという想いで、堺雅人さんが卒業していた早稲田大学演劇研究会(劇研)に入会を決める。

第28回ジュノン・スーパーボーイコンテストでベスト30進出(2015年)(応募総数13,948人中)

ビジネスについても興味を抱き、

ソフトバンクへ新卒入社(2018年)

同社に勤めながら、俳優活動も継続。

3年経ち、俳優業に専念するため、退職させていただく。

2021年4月にUPS Academy(東京)に入学。

メソッド演技を学びながら、世界のオーディションも受ける。